南毛利の土地名について

待ち人数

呼び出し番号

初診の方の事前受付はこちら
24時間オンライン予約
診療メニュー 一般内科 消化器内科 内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ) 健康診断・人間ドック 抗加齢ドック(アンチエイジングドック) 渡航外来(トラベルクリニック) 生活習慣病(メタボリック症候群) 禁煙外来 ED治療 AGA治療 各種予防接種 各種検査(腸内環境検査・肥満遺伝子検査・アミノインデックスなど)
連携医療機関
携帯からHPを見る場合はこちら
内山院長の記事が掲載されました
南毛利内科Ver.「恋するフォーチュンクッキー」Youtube動画はこちら
「南毛利」の名前の由来とは
「南毛利」とは、南毛利内科開設地域の、消えつつある地域名称です。
厚木市の中央部は昔、南毛利村(愛甲・長谷・愛名・温水・恩名・船子・戸室)であったことから、この地域が、南毛利と呼ばれます。

南毛利の呼称の由来は古く、この地域の北を鎌倉時代に領地としていた毛利氏に由来します。
その毛利氏の子孫が広島にわたり、戦国時代から、幕末・明治まで日本の歴史に大きな足跡を残す毛利家・長州藩の起源です。

毛利元就が戦国時代に天皇家に寄進をした際、実家の厚木の毛利家にも、五三の桐の紋章がお礼として送られ、南毛利小学校(創立120年)、南毛利中学校の校章になっています。
診療所のすぐ北、熊野神社の神主さんはその毛利さんで、かつて毛利家の墓所がありました。
私の通った南毛利小学校には、樹齢100年のくすのきが校庭にあり、ロゴにくすのきを考えた理由の一つです。